胸部,胃部,マンモグラフィ,CT,MRI,エコー,眼底,心電図の読影は検診画像遠隔読影センター »  健診機関様のメリット

このようなメリットがあります

読影医の不足を解消します。

読影医の確保に悩まされることがなくなります。

読影医のご負担を軽減します。

繁忙期などのご負担を軽減できます。

バックアップ体制を構築できます。

もしもの時の備えにバックアップ体制を作れます。

読影待ちによる結果出しの遅延を解消します。

土・日・祝日を含め3日以内にご報告しますので、受診者様へ健診結果のスピード返却を可能にします。

読影設備を設ける必要がありません。

高精細モニター、画像ビューアソフトなど高価な読影設備が不要です。
高精細モニター、PCなどは消耗品のため後の買い換えも必要になってきます。

 読影費用を変動費にできます。

固定費である人件費ではなく、売上に連動する変動費にすることができます。

メールでのお問い合わせはコチラ

  • プライバシーマーク
    当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会より、個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。
ljeT[rX̂ē
  • 読影サービスの特長について
  • 遠隔読影システム3タイプの解説
  • 健診機関様のメリット
  • 遠隔読影サービス料金について
  • 遠隔読影サービス導入の流れ
  • サービスについてのよくあるご質問
  • メールでのお問い合わせはコチラ