胸部,胃部,マンモグラフィ,CT,MRI,エコー,眼底,心電図の読影は検診画像遠隔読影センター »  料金体系

 ご請求する費用は、
 初期費用 + 月額基本料金 + 読影料金
 (初月のみ)      (毎月)     (ご依頼数に応じて従量制)
 の合計になります。

 ※初期費用・月額基本料金はTypeによって異なります。
 ※読影料金単価は年間のご依頼予定件数によって変わります。
 ※初期費用・月額基本料金不要の単発スポットプランや入札にも対応します。

初期費用・月額基本料金

TypeA

初期費用

30,000~200,000円(消費税別)

報告書式作成費用・読影依頼用端末設置費用

※地域によって金額が変わります。

※インターネット回線が必要です。(既存回線を利用し施設内とは別のネットワークでVPNを利用する事も可能です。セッション数の追加が必要な事があります。)

※VPNのお申し込みが必要です。

【他に必要な費用】

●インターネット回線とVPNの新規お申し込みにかかる費用や通信回線敷設工事・施設内LAN配線工事が必要な場合はご負担ください。

●検査装置・PACSからのDICOMストレージ接続や画像サーバーからの過去画像自動検索転送をされる場合、接続費用がかかる事がありますので、各メーカーにご確認ください。

月額基本料金

7,500~35,000円(消費税別)

読影依頼用端末使用料・遠隔サポート料・故障時先出しセンドバック保守料

※読影依頼用端末の仕様(過去画像自動検索転送やモダリティー・PACSからストレージ受信)によって金額が変わります。

【他に必要な費用】

●インターネット回線を新規にお申し込みされた場合、回線使用料が別途請求されます。プロバイダ料金は不要です。

●VPN使用料を別途ご請求申し上げます。

TypeB

初期費用

10,000円(消費税別)

報告書式作成費用・オンラインストレージ設定費用

※インターネット回線が必要です。(既存回線を利用する事ができます。)

※オンラインストレージに利用するパソコンを1台(既存のものでも構いません)ご用意ください。

※個人情報保護のため、基本的にDICOM画像のタグ情報のうち受診者の氏名を匿名化して送って頂きます。氏名情報を削除する機能がない場合は、専用のソフト(消費税別15,000円)を販売する事もできます。

【他に必要な費用】

●インターネット回線の新規お申し込みにかかる費用や通信回線敷設工事・施設内LAN配線工事が必要な場合はご負担ください。

月額基本料金

5,000円(消費税別)

オンラインストレージ利用料

【他に必要な費用】

●インターネット回線を新規にお申し込みされた場合は、回線使用料・プロバイダ料金が別途請求されます。

TypeC

初期費用

5,000円(消費税別)

報告書式作成費用

※個人情報保護のため、基本的にDICOM画像のタグ情報のうち受診者の氏名を匿名化して送って頂きます。氏名情報を削除する機能がない場合は、専用のソフト(消費税別20,000円)を販売する事もできます。

月額基本料金

0円

※月額固定料金は不要ですが、1回のご依頼につき手数料1,000円(消費税別)ご請求申し上げます。

 

 

メールでのお問い合わせはコチラ

  • プライバシーマーク
    当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会より、個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。
ljeT[rX̂ē
  • 読影サービスの特長について
  • 遠隔読影システム3タイプの解説
  • 健診機関様のメリット
  • 遠隔読影サービス料金について
  • 遠隔読影サービス導入の流れ
  • サービスについてのよくあるご質問
  • メールでのお問い合わせはコチラ